マンション 買取 マンション買取のメリット・デメリット

マンションの買取査定は一社で判断してはダメ!?

マンションの買取査定を一社で判断するの大変危険です!

足元をみられ安く買い叩かれてしまうこともよくありがちです。

買取額は業者によって100万円以上差が出ることも珍しくありません。

無料一括査定を賢く利用しイチバン高く買取してもらえる不動産業者を見つけましょう。

高額査定を引き出す無料一括査定はこちら

マンション買取のメリット・デメリットを理解する

マンションの買取 メリット・デメリット

マンション買取についてもっと掘り下げて理解しましょう。

 

マンションの買取と仲介の記事でもふれていますが、最大のメリットは売買契約から現金を手に入れるまでの時間が早いということでしょう。

 

もちろん、メリットはそれだけではありません。

 

逆にデメリットもありますのでそのあたりを確認していきましょう。

マンション買取のメリット

売買契約から入金までの期間が短い

同じ説明になってしまいますが、売買契約から入金までの期間が早ければ数日で完了します。
資金繰りが早くできるため、次にとる行動の計画を立てやすくなることにもつながります。

マンション室内を一般の人に見せる必要がない

あたりまえの事ですが、仲介のように一般の人が何組もマンションを訪問することはありません。
買取業者に正式に訪問査定をお願いするときのみ、室内を見せることになります。

売却することが周囲に気づかれない

売却しなければならない理由は人それぞれであると思います。
なかには、ローン返済が困難になった場合など人には知られたくないものです。
買取は業者と直接交渉するため、広告などで他人に知られる心配がありません。

瑕疵(かし)担保責任を負う必要がない

仲介で売却すると売却してから1年以内に欠陥が生じると、売主に修復の義務が発生します。
その点、買取では契約締結後にそのような責任を負う必要はなくなります。

手数料が節約できる

仲介手数料は2000万円の売却価格だと最高で66万円掛かります。
買取は業者と直接交渉するため、仲介手数料は掛かりません。

マンション買取のデメリット

売却価格が仲介と比べて安くなる

どの程度安くなるのかは物件によるところが大きく難しいですが、一般的には仲介で2000万円の価値がある物件が、買取では1200万円〜1400万円程度(仲介の6割〜7割)の価値に下がってしまうようです。(6割〜7割はあくまでも参考値ですので、例外もあります)

 

 

このようにマンションの買取は、
メリットが非常に多い反面で売却価格が安くなりがちな売却方法
です。

 

人それぞれのいろいろな条件を踏まえながら、最終的には判断することになると思いますが、一つひとつの内容をきちんと理解したうえで少しでも疑問点があれば全て払拭し「後悔先に立たず」とならないよう判断することが重要でしょう。


マンションの買取査定は信頼できる業者選びが必須です!

信頼できる業者を自分が足を運んで探し回る時代はもう終わりました。

当サイトが紹介する無料一括査定なら
優良企業だけ参加しているため悪徳業者に騙されることは皆無です。

「イエイ」の信頼できる無料一括査定はこちら


TOP