マンション 買取 マンション買取に適している物件

マンションの買取査定は一社で判断してはダメ!?

マンションの買取査定を一社で判断するの大変危険です!

足元をみられ安く買い叩かれてしまうこともよくありがちです。

買取額は業者によって100万円以上差が出ることも珍しくありません。

無料一括査定を賢く利用しイチバン高く買取してもらえる不動産業者を見つけましょう。

高額査定を引き出す無料一括査定はこちら

仲介より買取に適したマンション物件とは?

マンションの買取に適した物件

マンション買取に適した物件はいろいろあります。

 

マンションの仲介では、間取り、内装、築年数、立地条件などをもとに買主とのマッチングを図りますが、買取についてはどのように考えればよいのでしょうか?

 

失礼な表現になるかもしれませんが、仲介には適さない物件という視点で詳しく見ていきましょう。

仲介より買取に適したマンション物件

マンションの内装が著しく汚れている物件

壁、窓、ドアなどの内装に大きなキズやひどい汚れが付着しており、リフォームしなければならないような物件。リフォームで掛かる高額な費用を仲介でもとが回収できないようであれば、そのままの状態で買取してもらうほうがメリットは大きいでしょう。

築年数が30年以上経過している物件

築年数が30年以上経過していても、もちろん綺麗な物件はたくさんあると思います。しかし目に見えない排水管の寿命は一般的に25年から30年程と言われていますので、仲介で売却できたとしても万が一後で問題が起きれば、売主に修復の義務が発生します。このようなリスク回避から買取を検討するのも賢明です。

立地条件が悪い物件

買主が思うように見つかれば問題ないのですが、そうもいかない物件もあることでしょう。
例えば公共交通機関を利用しずらい、学校が遠い、食料品店が遠いなど生活に支障をきたすような場所です。
生活に支障をきたすまでいかないまでも、不便な場所は敬遠されがちです。

事故物件

これは言いにくいのですが、過去に不幸な出来事が起きたマンションなども仲介での売買は厳しくなるでしょう。

 

 

実際のところ、売りに出してみないとはっきりしないこともあると思いますが、一般的に考えて不利になるようなことをまとめてみました。

 

なかでも重要なポイントは、リフォームを自分でしなくてはいけないレベルなのかどうかが、
「仲介」にするか「買取」にするかの一つの判断基準になると思います。

 

仮にリフォームをしてもリフォオーム費用を回収できるレベルで売却できないことがほとんどですので注意しましょう。


マンションの買取査定は信頼できる業者選びが必須です!

信頼できる業者を自分が足を運んで探し回る時代はもう終わりました。

当サイトが紹介する無料一括査定なら
優良企業だけ参加しているため悪徳業者に騙されることは皆無です。

「イエイ」の信頼できる無料一括査定はこちら


TOP