マンション 買取 マンション仲介のメリット・デメリット

マンションの買取査定は一社で判断してはダメ!?

マンションの買取査定を一社で判断するの大変危険です!

足元をみられ安く買い叩かれてしまうこともよくありがちです。

買取額は業者によって100万円以上差が出ることも珍しくありません。

無料一括査定を賢く利用しイチバン高く買取してもらえる不動産業者を見つけましょう。

高額査定を引き出す無料一括査定はこちら

マンション仲介のメリット・デメリットを理解する

マンションの買取 メリット・デメリット

マンション買取とは異なる仲介について詳しく説明します。

 

マンション仲介は買取とは逆で自分が主導権を握ることになります。

 

すなわち、最後に売却価格を決めるのは自分自身です。

 

一見すると仲介は有利な売却方法になる訳ですが、そのあたりを細かく検証していきましょう。

マンション仲介のメリット

査定価格をもとに自分が決めた価格で売却できる

物件には適正価格が必ず存在しますが、その価格は仲介業者によりバラツキが生じます。
あくまでも仲介業者の査定価格の範囲内での話になりますが、最後に売却価格を決めるのは自分自身です。

売却価格が買取と比較し高額になる可能性が高い

売却価格を自分で決めることができるため、買主がすぐにでも見つかれば高額で売却することが可能です。

マンション仲介のデメリット

売却までの日程を計算できない

仲介は買主を見つけるところからスタートするため、自分で日程管理をすることは困難です。
すぐにでも見つかればよいですが、場合によっては1年経っても買主が見つからないケースもあるようです。

売却金額が売却できるまではっきりしない

買主がどうしても見つからない場合、売却金額を下げることも検討しなくてはなりません。
どこまで下げれば買主が見つかるのか難しい問題です。

リフォーム費用が掛かるケースもある

買主が見つからない原因がリフォームで解消できる場合もあります。
リフォームする内容にも当然よりますが、大きな出費になることが考えられます。

広告を出す必要があるため周囲に秘密にできない

宣伝しなければ、自分の物件が売りに出されているのかさえ分からない状態です。
仲介業者のネットワークを利用し物件をアピールすることになるため、自分のマンションが売りに出されていることは公表されてしまいます。

瑕疵(かし)担保責任を負う必要がある

売却して1年以内に欠陥が発覚した場合、売主はその修復の責任を負うことになります。
修復に掛かるお金を支払わなければならないということです。

仲介手数料が掛かる

売却価格の最大3%+6万円を仲介手数料として支払わなければなりません。
これは仲介業者によって手数料は変わるので確認が必要となります。

 

 

マンションの仲介は買取と比較してデメリットは多くなっていますが、売却金額を最大限にできる可能性を秘めている売却方法です。

 

売却時期に余裕があるようなかたは、仲介を希望されることが多くなると思いますが、マンションの築年数による状態を後々トラブルにならないようにきちんと把握したうえで交渉にのぞみましょう。

 

知らなかったでは済まされない事態にならないよう注意することはもちろん、仲介業者の査定時には予め欠陥に気付いている場合はきちんと申告することを忘れないようにしてください。


マンションの買取査定は信頼できる業者選びが必須です!

信頼できる業者を自分が足を運んで探し回る時代はもう終わりました。

当サイトが紹介する無料一括査定なら
優良企業だけ参加しているため悪徳業者に騙されることは皆無です。

「イエイ」の信頼できる無料一括査定はこちら


TOP