マンション 買取 悪徳買取業者の罠

マンションの買取査定は一社で判断してはダメ!?

マンションの買取査定を一社で判断するの大変危険です!

足元をみられ安く買い叩かれてしまうこともよくありがちです。

買取額は業者によって100万円以上差が出ることも珍しくありません。

無料一括査定を賢く利用しイチバン高く買取してもらえる不動産業者を見つけましょう。

高額査定を引き出す無料一括査定はこちら

マンションの悪徳不動産買取業者のよくある手口

マンションの悪徳買取業者の罠

俺おれ詐欺という言葉をご存知でしょうか?今の時代、誰もが知っている情報だと思います。

 

マスコミでも頻繁に報道され誰もが注意を払っていることでしょう。

 

厄介なのが、手口はどんどん進化していきますよね。

 

人が知識を身につければ、つけるほど、その裏をかいた手口が新しく出てくるという、イタチごっこの状態だともいえるでしょう。

 

なぜ、このような話をするのかというと、不動産の悪徳業者も同じことが当てはまり、騙しの手口も巧妙になってきているからです。

 

 

悪徳業者に騙されないようにするためには、自分でも必要最低限の知識を身に着けておくことも重要ですので、ポイントをおさえながら説明していきます。

 

「レインズ」への物件登録

まともな不動産買取業者であれば、「レインズ」への登録は宅建業法で義務付けられているため、登録しない、登録を拒む不動産業者は信頼できない不動産業者の可能性があります。

 

「レインズ」というのは簡単に説明すると、不動産会社だけが回覧できる物件情報のネットワークシステムで悪徳不動産業者はこのネットワークに物件を登録せず、自社だけで情報を囲い不当な売買を企てるようなこともありますので注意が必要です。

 

「両手」と「片手」

「両手」とは売主、買主の双方から手数料を取り利益を得ること。

 

「片手」とは売主からの手数料のみで利益を得ること。

 

不動産会社にとっては、当然のことながら「両手」のほうが利益が多くなり有利な条件です。

 

重要なのは、売主側にとって有利になるかですが、「片手」のほうが高く売却できる可能性は高くなります。

 

その理由として考えられることが、「両手」の場合は他社から売主にとって条件の良い買主が現れたとしても、手数料を他社に取られることを拒み、適当な理由で他社からの情報をもみ消すという売主にとっては大変不条理で不当な手口があります。

 

必ずしも「両手」が悪いということではありませんが、悪徳業者であれば可能性としては十分あり得ます。

 

短い期間で買主が現れないという理由で買取を迫る

仲介を依頼したのにも関わらず、インターネットなどの広告媒体を一切使わず、ろくに宣伝活動も行わず最初から買取を目当てにしている悪徳業者です。

 

「おとり広告」による客寄せ

買主が現れても、適当な理由で他の関係のない物件を進めるなどして仲介に繋げようとしない。

 

これもまた売主から最終的に物件を安く買取るための手口です。

 

 

悪徳業者といっても、何万社とある不動産業者の中の1%にも過ぎませんが、
信頼できる買取業者でも紹介している「イエイ」の無料一括査定
利用することで悪徳業者の罠から自分を守ることができます。


マンションの買取査定は信頼できる業者選びが必須です!

信頼できる業者を自分が足を運んで探し回る時代はもう終わりました。

当サイトが紹介する無料一括査定なら
優良企業だけ参加しているため悪徳業者に騙されることは皆無です。

「イエイ」の信頼できる無料一括査定はこちら


TOP